二重になるか確認する

自分の保険見直しを行っていく中で、保障が二重となるか確認をしていくことも重要です。相談内容でも多くなっていますが、複数の保険へ加入をしている時には特約などが二重となるケースも少なくありません。保険料を多く支払う原因になるので、相談窓口で保険を見直していく必要があります。

例えば医療保険が二重に加入をしている場合、生命保険に加えて医療特約がセットになっている医療保険もあります。郵便局で提供している養老保険や、共済などを複数加入する時には、医療保障が二重になることが多いです。

保険というのは基本的にはリスクヘッジのために必要で、これが先行していくと資金を減らす原因になります。これでは元も子もないため、保険がかぶってしまって過大にならないように気をつけなければなりません。保険見直しにおいては絶好の機会となるでしょう。

次に学資保険の育英年金をチェックしますが、これも特約となっています。契約者となっている親が死亡してしまったり高度障害の状態となると、育英年金が一定期間で受け取っていけるようになります。ただし一定額を受け取るために親が他にいくつも生命保険に加入すると、全く必要がありません。金額が過大になっていないように見直さなければなりません。

生命保険の相談内容

生命保険見直しをしていく時には、現在の保険料が気になってしまう点が大きい理由となります。単に保障を下げていこうとするのであれば、保険料を下げていくことができます。しかし正しい保険見直しにならないこともありますので、見直しす時に色々とやるべきことを見ていきましょう。

生命保険以外で保障をどれだけ受けられるか、最初は確認しなければなりません。結婚をした後で子供が生まれた時は、生命保険の加入が必要です。しかし高額な生命保険を検討する必要があります。万が一のことがあった時に受けることができる保障内容が重要となります。

遺族年金が一定保障を受けていけるように検討することが重要で、遺族年金というのは遺族厚生年金や遺族基礎年金、そして遺族共済年金があります。遺族年金の種類によって受け取る方法が変わっていきます

特に遺族年金をもらうことができる遺族の範囲が、年金の種類で異なりますので見極めていく必要があります。そして住宅ローンもチェックしなければなりませんが、団体信用生命保険があることを確認しましょう。色々な内容をチェックする中で、遺族年金について生命保険を見直す際には検討する必要が有ることを、忘れないようにしなければいけません。

保険見直しを相談する

保険見直しを行う際には解約を慎重にしなければなりません。節約目的であったり特約などを多くしていこうとする時には、色々な保険をチェックしていかなければなりません。そんな中で自分一人で限界を感じた時には、保険相談専門のスタッフに相談をしてもいいでしょう。保険見直しは目先の保険料だけでいきなり解約してしまったり、安くて新しい他の保険へ乗り換えていくことを検討したいところですが、いきなり契約する前に解約するのは控えた方がいいでしょう。

古い保険について相談をする時、内容をチェックして契約日が昔のものほど注目されます。平成8年の4月1日よりも前であれば、予定利率が3.5パーセント以上となっている場合には、現在の保険よりも予定利率が1パーセントほど低くなっています。これも相談をする際に確認できますが、運用で稼ぐことができない分は保険料の割引を行うことができません。節約で解約していきたいものの、実際は割高になってしまう可能性もあります。保険料や保障される内容をしっかりと相談をして比較していき、本当に保険を乗り換えていく価値があるかチェックしながら考えていきましょう。

保険会社が同じだった場合はアドバイザーの意見を参考程度に受け止めておきましょう。保険見直しでは営業より提案されることもありますが、ここでは注意が必要です。利回りが高くなっている保険より低い保険へと転換していく狙いもありますので、提案がきた時にはメリットがあるかチェックしながら慎重に判断していきましょう。